正常分子栄養学®とは

栄養を摂取することで血液の質を良くし、その血液を全身にきちんと巡らせ、細胞に栄養を行き渡らせることにより、ヒトは健康になるという栄養学です。ボタニック・ラボラトリーが提供している製品やサービスは、すべて「正常分子栄養学」という栄養学に基づいて提供させて頂いております。

私たちの根底にある考え方「正常分子栄養学®

正常分子栄養学®とは?

正常分子栄養学とは?

 人間の体は、自分の食べたものでできています。この事実に、どれだけの方が自覚的でしょうか。私たちの筋肉も、血も、臓器も、爪も、髪の毛も……体の一部はすべて、自分が食べたものでしかつくられ得ないのです。考えてみれば当然のことですが、意外と見過ごされがちな話ではないでしょうか。

 「正常分子栄養学」はこの事実に着目し、食事の栄養バランスを考えるとき、何よりも「成長と生命維持の栄養チーム」という概念を大切にします。栄養素はそれぞれが単独で働くのではなく、互いにバランスを保ちながら連携してひとつのチームとして働く、という考え方です。これはバントテン酸(ビタミンB5)の発見者として知られるロジャー・ウィリアムス博士が提唱した理論で、「いのちの鎖®」と言います。

 つまり、私たちに必要な栄養素群は、“首飾り”のようにお互いが結びついた「いのちの鎖®」を形づくっており、どれかひとつでも栄養素が不足してしまえば、その鎖はたちまちに切れてしまうのです。いくら必須アミノ酸をたくさん摂っても、ビタミンやミネラルが足りていなければ「いのちの鎖®」は切れてしまい、体の健康は保てないということになります。

 残念ながら現在の日本では、この考え方はあまり理解されていません。栄養学と言うと一般にカロリーのことばかりを気にする傾向にあり、ビタミンやミネラルなどをどのようにバランスよく摂取すればいいかは、誰も説明してくれないのです。その答えを探し求めた結果、私たちボタニック・ラボラトリーはロジャー・ウィリアムス博士の著書「病気を防ぐ栄養」と出会い、その考え方をもとに研究を重ね、「正常分子栄養学」へと辿り着きました。

カロリー栄養学の落とし穴

カロリー栄養学の落とし穴

 現在、日本で「栄養学」として教えられているのは、いわゆる「カロリー栄養学」です。カロリー栄養学は、日本がまだ今ほど豊かではなく「生きていくのに必要なカロリーを満たすこと」が重要視されていた時代に確立された栄養学ですから、今の時代にはそぐわない部分が多々あります。

問題点1. ビタミンやミネラルが栄養素として非常に軽視されている

 たくさんの糖質を含む炭水化物を制限するダイエット法「糖質制限ダイエット」が流行したことは、逆にいえば「炭水化物=エネルギーのもと」という考えが、多くの人の考えの根底にあることを示唆しています。

 しかし、実際に糖質をエネルギーに変えるには、ビタミンやミネラルが不可欠。これらの栄養素がなければ、消化酵素やホルモン 分泌が行われません。つまり「いのちの鎖®」をつなげるには、糖質を減らすことと同時に、従来の食生活で不足したビタミンやミネラルを十分に補給する必要があるのです。

問題点2.脂質に対する間違った認識が定着している
脂質に対しては多くの方が、3つの間違った認識をしています。

【1.あぶらは高カロリーで体によくない】

 カロリーは単に「代謝により消費する熱量の計量」。その数値だけで食べるものを選ぶと、重要な栄養素(脂質・タンパク質・ミネラル・ビタミンなど)が無視されています。むしろカロリーで選ばれた食事によって必要な栄養素が極端に偏って糖質の過剰摂取などにつながり、消化酵素やホルモン分泌が行われません。体内でエネルギー変換するなど、重要な役割を果たしている「あぶら」を、高カロリーを理由に摂取しないことは実は、理に叶わないことなのです。

【2.高カロリー食は肥満の原因】

 カロリーは代謝により消費する熱量の計量なので、「カロリーが高い=肥満になる」は誤りです。糖質を摂取するとインシュリンが分泌され、各細胞にエネルギー源として送り込まれます。糖質を過剰に摂取した場合は、細胞にしまわれなかった糖が脂肪細胞へと送り込まれ、体に蓄積して肥満につながります。つまり、肥満の根本的な原因は糖質の過剰摂取であり、脂質の摂取ではないと考えられます。

【3.植物油(不飽和脂肪酸)は体にいい】

 植物油は非常に酸化しやすいため加熱調理には向いておらず、生で摂取する必要があります。しかし、現状は炒め物や揚げ物はサラダ油やオリーブオイルなどを使うことが多く、本来体に必要な「良い油」が体に「良くない油」になってしまうのです。そのため加熱調理では、酸化しにくい動物性の油やココナッツオイルを使うことをおすすめします。

問題点3.「カロリーさえ足りていれば大丈夫」という認識が蔓延している

 「平均的な成人女性に必要なカロリーは1日1500キロカロリー」とよく言われますが、ではその1500キロカロリーを、まったく自由に、たとえば「ケーキとハンバーガー」などで摂取していいわけではありません。同じカロリーでも、栄養のバランスによって心身の健康に大きな違いが生まれてくるのです。

食生活の改善で、不健康は「リセット」できる

人間の細胞は数年で丸ごと入れ替わる

人間の細胞は数年で丸ごと入れ替わる

 人は、生きながらにして生まれ変わっています。それは、新陳代謝という細胞の働きがあるからです。古くなった細胞が死ぬ一方で、日々、健康な新しい細胞が生まれています。同じ自分として生きていても、数年が経過すれば、自分を構成する細胞のほとんどは新しいものに置き換わっているのです。

 病気になった細胞も、いつか必ず死滅します。病気になるのは、細胞に不足している栄養素があるから。新しく生まれてくる細胞が正常であれば、病気も自然と治っていくのです。病気に強い細胞は、食によって誰しもが自ら生み出すことができます。では、病気にならない正常な細胞をつくるには、どのような食を心がければよいのでしょうか?

食事は回数ではなく中身が大切

食事は回数ではなく中身が大切

 日本では、いまだに「一日三食」の神話が根付いています。しかし実際には、食事の回数は重要ではありません。栄養をバランスよく適量摂取できるのなら、食事は1回でも2回でも、あるいは5回でも構わないのです。脳で感じる満腹感ではなく、身体全体が満足する栄養バランスを考えて食事を摂ることが重要です。

今必要な「食」の理解

今必要な「食」の理解

 日本では、糖質中心の食生活が一般的になっています。しかしせっかくの炭水化物も、ビタミンやミネラルがなければ消化に必要な酵素・ホルモンが分泌されません。つまり必要なエネルギーには変わっていかないと言うことです。

 「いくら休んでもダルさが取れない」「食後にすごく眠くなる」といったことに心当たりはありませんか? それはもしかしたら、疲労だけではなく糖質過剰のせいかもしれません。糖質過剰は肥満や糖尿病の原因にもなりますから、その危険度は極めて高いと言えるでしょう。ですから、近年普及している「糖質制限ダイエット」に一定の合理性があることは確かです。

 ただし、ただ糖質を制限するだけでは不十分です。何度も申し上げている通り、栄養はそれぞれが互いに作用し合ってはじめて効果をもたらします。どれかが欠けている状態ではいけないのです。栄養のバランス、「いのちの鎖®」のことを考え、ビタミン・ミネラルを欠かさず摂取していく必要があります。

PICK UP1
知られざる野菜の栄養素

 残念ながら、今の日本でつくられる野菜に含まれる栄養素は、年々減り続けています。たとえば、ニンジン1本あたりの栄養量は、50年前のニンジンの数分の1ほど。これは畑の土に含まれるミネラル分が減少しているためで、50年前のニンジン1本と同じだけの栄養を摂取しようと考えたら、何本も食べなければならないということになります。

 以下の表は、戦後間もない1950年と現代(2015年)の野菜栄養価を比較した表です。コレを見ると、各野菜の主要な栄養素が軒並み大幅に減少していることが分かります。

【過去と現在の野菜栄養価の比較】

単位 μg/100g mg/100g

品名 栄養素名 1950年 2015年
にんじん ビタミンA 4,455μg 720μg
ほうれん草 ビタミンC
150mg
13mg
35mg
2mg
セロリ ビタミンB1 0.8mg 0.03mg
にら 19mg 0.7mg
小松菜 ビタミンC 90mg 39mg
アスパラガス ビタミンB2 0.3mg 0.15mg
しその葉 ビタミンC
ビタミンA
85mg
6600μg
26mg
880μg
キャベツ ビタミンC 80mg 41mg
かぼちゃ カルシウム 44mg 20mg
にんにく カルシウム 90mg 14mg

※表は左右にスクロールして確認することができます。

出典元:「日本即品標準成分表」より

 実際には、ニンジンを頑張って食べようとしても、せいぜい1日に1本か2本が限界でしょう。ですから、「必要な栄養素をどのように摂っていくか」を真剣に考えなければいけない時代なのです。

PICK UP2
間違える前に知っておきたい「野菜の摂取方法」

 「生野菜は身体を冷やすので、温野菜を食べましょう」という説が流布していますが、これは誤りです。野菜に含まれる酵素やビタミンなどの栄養素の多くは、茹でるなどの加熱調理をすることで大幅に減少してしまうからです。以下の表は、野菜の生の状態と茹でた状態の栄養素の変化を記録したものです。これを見ると、ほとんどの栄養素が調理後に栄養素が減少していることが分かるでしょう。

日本食品標準成分表2015年版

食品名 カリウム カルシウム マグネシウム α-カロテン ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 葉酸 パントテン酸 ビタミンC
単位 mg/100g mg/100g mg/100g µg/100g mg/100g mg/100g mg/100g mg/100g µg/100g mg/100g mg/100g
カリフラワー 生 410 24 18 0 0.06 0.11 0.7 0.23 94 1.30 81
カリフラワー ゆで 220 23 13 0 0.05 0.05 0.2 0.13 88 0.84 53
キャベツ 生 200 43 14 0 0.04 0.03 0.2 0.11 78 0.22 41
キャベツ ゆで 92 40 9 0 0.02 0.01 0.1 0.05 48 0.11 17
こまつな 生 500 170 12 0 0.09 0.13 1.0 0.12 110 0.32 39
こまつな ゆで 140 150 14 0 0.04 0.06 0.3 0.06 86 0.23 21
にら 生 510 48 18 0 0.06 0.13 0.6 0.16 100 0.50 19
にら ゆで 400 51 20 0 0.04 0.12 0.3 0.13 77 0.39 11
ブロッコリー 生 360 38 26 4 0.14 0.20 0.8 0.27 210 1.12 120
ブロッコリー ゆで 180 33 17 0 0.06 0.09 0.4 0.12 120 0.78 54
ほうれんそう 生 690 49 69 0 0.11 0.20 0.6 0.14 210 0.20 35
ほうれんそう ゆで 490 69 40 0 0.05 0.11 0.3 0.08 110 0.13 19
みずな 生 480 210 31 0 0.08 0.15 0.7 0.18 140 0.50 55
みずな ゆで 370 200 25 0 0.04 0.08 0.4 0.10 90 0.29 19

 特に注意が必要なのは電子レンジによる調理で、食材に含まれる栄養素をほぼ破壊してしまいます。欧米各国の研究報告(※)によれば、人体に必要なアミノ酸は電子レンジによって自然なL型から人体に使えないD型へと変容してしまうと言います。またこの研究によると、電子レンジ調理では全ての食べ物において、ビタミンB群、ビタミンC,ビタミンE、基礎ミネラル分、脂肪動員成分の生体使用率(体が栄養素を利用する能力)が低下する他、肉の中のタンパク質栄養素の破壊が生じるとのことです。更には、牛乳と穀物に含まれる蛋白質加水分解成分の中に、発がん性物質が形成されることも報告されています。

(※) 原文:『The Hidden Hazards of Microwave Cooking』by Anthony Wayne and Lawrence Newell
(『電子レンジ調理の隠された危険』アンソニー・ウェイン、ローレンス・ニュウェル 著)
出典:Mercola.com

自分に必要な栄養バランスを知る

 生命を維持するために必要な栄養素は、ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸など、現在の日本食環境では約60種類と言われています。

  •  ある特定の栄養素だけを過剰に摂取しても、健康にはなれません。栄養をバランスよく摂取して「いのちの鎖®」をしっかりつなぐことが重要です。しかし、ここで問題になってくるのが、「必要な栄養素の量は人によって異なる」ということです。性別や年齢、体格などによって必要な栄養素が変わってくるため、むやみに誰かの真似をしても意味がありません。
  •  では、自分に足りていない栄養素の種類や量を正しく知るにはどうすればいいのでしょう? 自分で自分の状態を見つめることも大切ですが、決して思い込みや素人判断をせず、専門家の客観的な意見を聞くことも極めて重要です。

「人間が成長し、生命を維持するために必要な栄養物質」一覧

主要ミネラル 微量ミネラル ビタミン 必須アミノ酸
カルシウム ビタミンA イソロイシン
マグネシウム ビタミンB1,2,3,5,6,12 ロイシン
カリウム 亜鉛 ビタミンC メチオニン
ナトリウム コバルト ビタミンD スレオニン
リン セレン ビタミンE バリン
塩素 クロム リノール酸 リジン
硫黄 マンガン ビタミンH フェニールアラニン
  臭素 ビタミンK トリプトファン
  フッ素 ビタミンM  
  ケイ素 コリン  
  ヨウ素    
  モリブデン    

※表は左右にスクロールして確認することができます。

「根拠ある正しい食」で健康寿命を維持しましょう

 上記の通り、健康的な日々を過ごすには、栄養素の正しい摂取が欠かせません。医学の進歩によって寿命が延びている現代の日本ですが、本当に大切なのは健康的に自立して生活できる「健康寿命」。正しい食の知識を身につけ、実践することで、末永い健康寿命を謳歌しましょう。